MENU

本格ヘッドスパ専門店 ワヤンプリ銀座・新宿・麻布十番・横浜・梅田・なんば

HEAD SPA COLUMNプロが教えるヘッドスパ特集コラム

2017年09月27日 11:30:02

本当!?しっかり寝ないと、薄毛・AGA・FAGAに

夏の夜は寝苦しく、なかなか眠れないといったこともありますが、最近はだいぶ寝やすくなってきたなと私自身感じています。
実は、睡眠というのは、頭皮や髪の毛の健康な状態を維持するためにもとても大切なものなのです。実は睡眠が不足すると様々な症状が起こり、薄毛やAGA、FAGAなどのトラブルへと繋がっていきます。
1

まず一つは、頭皮の皮脂が過剰に分泌されます。
皮脂も頭皮を保湿する役割を果たすなど欠かせないものではありますが、その量が必要以上に多くなってしまうと毛穴が詰まったり、そこから炎症してしまったりと頭皮環境を悪化させてしまいます。

名称未設定

睡眠不足から皮脂の過剰分泌が引き起こる原因としては、①ストレス②ターンオーバーの乱れが考えられます。
1日くらいの睡眠不足では、そこまで大きな影響はないでしょう。
しかし、睡眠が足りない日が何日も続いてしまうと体は知らず知らずのうちにストレスを感じてしまいます。そして、そのストレスによって自律神経が乱れ、交感神経がよく働くようになってしまいます。 交感神経がよく働くことで、副交感神経に切り替わりづらくなってしまい、さらに眠れない状態になるという悪循環になってしまうのです。
また、交感神経が活発になることで男性ホルモンが多く分泌されるようになってしまいます。

男性ホルモンが多く分泌されてしまうと、ジヒドロテストステロンが増えてしまいます。それによって頭皮に皮脂が過剰分泌されていってしまうのです。
さらに、睡眠中に体を回復するはずが、睡眠不足によりその回復もままならなくなります。すると、体の状態も悪くなり、頭皮のターンオーバーが乱れていってしまいます。この頭皮のターンオーバーの乱れによっても皮脂が多く分泌されるようになってしまいます。

もう一つは、頭皮が血行不良になってしまうということです。血行不良になることで、頭皮や髪の毛に必要な栄養素を上手く届けることが出来なくなってしまうだけでなく、睡眠中に分泌される成長ホルモンが減少することで、健康な頭皮環境を作ったり、維持したりしていくことも難しくなってしまいます。結果、なかなか髪の毛も育ちづらい頭皮環境になり、切れ毛や薄毛、抜け毛、AGA、FAGAへと繋がってしまうのです。

このように頭皮や髪の毛にとっても睡眠は欠かせないものなのです。しかし、ただ寝ればいいというわけではありません。どんなに長時間寝ていても、眠りが浅く寝たり起きたりを繰り返しているようでは、なかなか疲れも取れません。
あるときは20時くらいから朝方まで、あるときは朝の4時からお昼過ぎまでー…そんな風に睡眠を取る時間がバラバラでは、体もリズムがつかめず、ホルモンバランスも乱れたままになってしまいます。
ぜひ“質”を意識した睡眠を大切にしていきましょう。

新着記事

ご予約をお待ちしております

どんな些細な事でもお気軽にご連絡下さいませ

営業時間

平日 11:00〜22:00 (電話受付21:00まで)
土曜 11:00〜21:00 (電話受付20:00まで)
日・祝 10:00〜20:00 (電話受付19:00まで)
麻布十番店のみ、全日11時~22時(電話受付21時)

無休 (12月30日〜1月2日は除く)