ヘッドスパ専門店ワヤンプリ

本格ヘッドスパ専門店 ワヤンプリ銀座・新宿・麻布十番・横浜・梅田・なんば

MENU

ご予約

HEAD SPA COLUMNプロが教えるヘッドスパ特集コラム

2019年11月05日 19:13:38

パサパサ乾燥髪改善!ドライヤーのコツ伝授★

知って得するドライヤーのコツ伝授★

 

フケ、臭い、傷み

かゆみ、髪の絡まりなどで

お困りではないですか?

 

きちんとシャンプーしているのに、

髪の悩みが収まらない。

という方に是非見直していただきたいのが

「髪の毛の乾かし方」です。

 

もしかするとお悩みの要因は、

髪を濡れたままにしているからかもしれません。

 

ドライヤーの熱が髪のダメージに繋がるのではないかと、

自然乾燥をしている方はいらっしゃいませんか?

 

それはキケン!髪に良いケアとは

真逆のケア方法をしていますよ!

 

是非本日から正しい髪の毛の乾かし方を

実践してみてください。

 

髪の毛の乾かし方について


 

 

1.シャンプー&トリートメントが終わったら

優しくタオルドライをしましょう

濡れた髪は傷みやすいので、

乾いたタオルで根元から丁寧に

水分をとって長い髪の毛先は、

「ポンポン」と軽くたたき乾かします。

 

この時に「ゴシゴシ」とこすってしまうと

キューティクルが傷つき、

ダメージに繋がってしまうので

優しくふき取ることを意識しましょう。

 

ロングヘアーの場合は、

一度ブラシや手櫛で毛先の絡まりを

整えてから乾かしましょう。

 

2.ドライヤーは髪から少し離して

動かしながらあてること

 

髪は熱や摩擦に弱いため、

長時間同じカ所にあててしまうと

ダメージの原因となります。

 

ドライヤーを近づけすぎないようにしながら

10cmほど髪から離し、

出来るだけドライヤーを動かし続けましょう。

 

また、濡れた髪をブラシでとかしながら、同時に

ドライヤーをあてることは避け、

ある程度乾いてからブロードライをするのがベストです。

 

さらに毛髪診断士が教えるドライヤー時の

コツをお伝えしてまいります。

 

知って得するドライヤーのコツ伝授★


美容室やサロンへ行くとサラサラになるのに

自宅では同じような艶がだせない!

という方にお伝えしたいプロの乾かし方がこちらです。

 

コツその①

ドライヤーを持っている手と反対側の手の

指と指の間に髪を挟んで、

髪の根元を浮かせて持ち上げながら

乾かすことがポイントです。

 

髪の毛の外側は乾きやすいですが

内側が乾きにくいことから

指のすき間で風を行き届かせましょう。

 

コツその②

乾かす際の流れも非常に重要なポイントです。

 

一番乾きにくい襟足、左右の耳まわり

つむじの下などを先に乾かし、

最後に顔周りと表面を全体的に乾かすことで、

毛量の多い部分に起こりがちな「乾かし残し」もなく

艶やかな仕上がりへと繋がります。

 

コツその③

髪の毛のペタッと感が気になる方は、

いつも乾かす方向と逆側に

風をあてながら少し跡をつけていきましょう。

 

そのあといつもの分け目に戻すことで

ボリュームアップを感じることでしょう。

 

このように、ドライヤーの使い方ひとつで

髪の毛の仕上がりが変わるので

ひと工夫を生活習慣に取り入れてみてください。

 

また、より詳しく髪の毛について知りたい方は

ヘッドスパ専門店ワヤンプリに在中の毛髪診断士に

直接、相談してみてくださいね。

 

公式ホームページはこちらから



新着記事

お電話

ご予約をお待ちしております

どんな些細な事でもお気軽にご連絡下さいませ

営業時間

平日 11:00〜22:00 (電話受付21:00まで)
土曜 11:00〜21:00 (電話受付20:00まで)
日・祝 10:00〜20:00 (電話受付19:00まで)
麻布十番店のみ、全日11時~22時(電話受付21時)
無休
ヘッドスパお試しキャンペーン
ヘアケアシリーズ