ヘッドスパ専門店ワヤンプリ

本格ヘッドスパ専門店 ワヤンプリ銀座・新宿・麻布十番・田町・横浜・梅田・なんば

MENU

ご予約

STAFF BLOGスタッフブログ

  • HOME
  • スタッフブログ

2015年04月26日 20:52:48 テーマ: 未分類

自律神経

こんにちわ!

本日、京都は最高気温27度ととってもあったかいです(*⌒∇⌒*)

ですがまだ、夜になると少し肌寒いですよね…

こんな気温差のはげしい時期は、
自律神経が乱れやすくなってしまいます。

(自律神経とは、正反対のはたらきをする
「交感神経」と「副交感神経」の2つからなり、
この2つがバランスよくはたらくことで、健康状態を保っています。)

日本は、春先に進学、転勤、就職など、ターニングポイントを
迎える事が多いので特に乱れやすいといわれているそう(T_T)

自律神経が、乱れると体の器官に影響を及ぼします(><;)

例えば、便秘・下痢・疲れやすい
疲れがとれない・めまい・立ちくらみ
不眠・頭痛・冷え・動悸・息切れ
顔のほてり・肩コリ・食欲不振・だるさ

などなど、たくさんあるんです

なので、本日は簡単にできる自律神経を整える方法を
お伝えしたいと思います!!!!

①しっかり睡眠をとる
睡眠中は副交感神経がもっともはたらく貴重な時間です。
ですが、寝る時間や寝る前の過ごし方によっては、
副交感神経があまりはたらくことができず、
眠りも浅く、体の回復も十分には進まないことも。
少しずつ寝る時間を早めてみる。毎日5分づつでもOK。
起きる時間も少しずつ早くしましょう。早寝の習慣を助けます。
蛍光灯の明かりではなく、間接照明で気分もゆったりと。
テレビ・パソコン・ゲームは交感神経にします。
好きな音楽やアロマをたいてリラックスタイムを。

②湯船につかってリラックス
お風呂の時間は、睡眠とならんで一日の中で
もっとも副交感神経が優位になる時!
38~40度くらいのややぬるい温度が効果的。
熱いお湯は逆に交感神経を高めてしまいますので要注意!
またお風呂から出て1時間以内に眠りにつけば、
睡眠中の副交感神経が高まります。

③寝る前、2~3時間はなるべく光の刺激を受けないようにする。
ブルーライトなどの光刺激は、自律神経の交感神経を優位にし
リラックス神経の副交感神経の働きを弱めるてしまう。
結果、リラックスモードにならず、睡眠の質は悪くなり、
睡眠障害、不眠につながります。

他にも自律神経を整える方法はございますが、
今回は簡単にできそうなものを
いくつかピックアップしてみました(*^▽^*)
ぜひ、普段の生活に取り入れて頂ければと思います(・ω・)/

ただ、お忙しくてなかなか自分に時間をかけられない

そんな方も多いかと思いますので、そんなときは!!!!
ワヤンプリで心も体もリラックスしにいらしてくださいp(^-^)q

スタッフ一同心よりお待ち致しております

京都店

新着記事

カテゴリー

月別アーカイブ

お電話

ご予約をお待ちしております

どんな些細な事でもお気軽にご連絡下さいませ

営業時間

平日 11:00〜22:00 (電話受付21:00まで)
土曜 11:00〜21:00 (電話受付20:00まで)
日・祝 10:00〜20:00 (電話受付19:00まで)
【麻布十番店】平日11:00~22:00(電話受付21:00まで)
土日祝11:00~20:00 (電話受付19:00まで)
【田町店】平日 11:30~20:30(最終受付19:00)
土日祝 10:00~19:00(最終受付17:30)

定休日

無休
田町店のみ、月曜日・金曜日
ヘッドスパお試しキャンペーン
ヘアケアシリーズ